« 10月  | トップページ | ことば »

2006年10月 2日 (月)

NPA日本プリザーブドフラワー認定協会

みなさんは「プリザーブドフラワー」というお花をご存知でしょうか?

生きているお花を加工し、(オイルに浸し色を抜いて、また着色をします。)加工した時の状態を維持できる、新しいお花の楽しみ方の技術です。

そのようにして、最近では多くのお花がプリザーブド加工が出来るようになり、扱う楽しみも増えました。

生花を中心に扱ってきました私たちもお客様のご要望とともにプリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワーも扱う事がございます。

そうして喜んで頂く機会を増やしていきたいという思いと、お花の世界で頑張っていきたいと思っていらっしゃる方のご活躍のチャンスを広げていくこと、特にお教室の生徒さんでお仕事にしたいと思っていらっしゃる方への力になれる可能性を見つけて、日本プリザーブド認定協会(通称NPA)が先月9月1日に設立されました。

1ヶ月の間に感じましたことは、まだまだご存知ない方が多いこと、興味を持たれる方の年齢層が幅広いこと、男性はあまり興味を示して頂けないこと(この1ヶ月のことです。)。全く、今までお花のご経験の無かった方が、意外と見ていらっしゃることです。

今認定コースが始まり、新しい先生にどんどんご活躍を頂かなければいけませんので、次々と作品のアイテムを提供していくことが必要になります。

今日はそんな作業に取り組んでいます。もっともっと楽しいお花の世界を皆さんと共有出来ると嬉しいです。

~体験レッスン~

お昼間に京都の方が、花阿彌ブルーメンシューレコースの体験レッスンを受講に、お見えになられました。

教室を選ぶポイントをアンケートで聞いたことがあります。場所 お花の量 雰囲気 先生が圧倒的に上位です。先生力を磨かなければいけません。

花阿彌の校長先生のお話しをさせていただきながら、私自身がもっともっと自分の持っているものを高めていきたいと考えていることなどを、(先日のテンションがまだ抜けていない為××)ついおしゃべりしてしまいましたら、「先生自身が(充分高いレベルだと)そう考えてください。」と言葉を頂きまして、 あっ と気づかせて頂きました。

自分がどう思っていても、私自身が「まだまだ」と考えている事をお話をするのは、生徒さんがお花の世界の大変さを感じたり、場合によってはあまり良い先生ではないような印象を感じられたりetc・・・。決して安心感にはつながらないのかもしれません。

他にも、今日お越し下さったHaさんからは「これは、頭と手を使いますね。」「どちらかというと、力が必要ですね。特に指力が・・。」などなど多くの名言をいただきました!

お話しをたくさんされて、分からないことも多かったかもしれませんが、「楽しかった」とお帰りになられました。その言葉がいちばんうれしい!どうぞまたお越し下さいね。

« 10月  | トップページ | ことば »

教室関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189161/12121522

この記事へのトラックバック一覧です: NPA日本プリザーブドフラワー認定協会:

« 10月  | トップページ | ことば »

フォト

Facebook KAMOE

神戸新聞マイベストプロ

NEOWOMAN

  • アクションフォーラム2010
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

西神戸の委員会いいんかい!

facebook