« 同窓生からの便り | トップページ | 神戸の教室で »

2010年1月22日 (金)

湘南ストーリーブランディング研究所

兵庫同友会西神戸支部の新春例会に参加して参りました。

最近おなじみの舞子ビラでの開催でした。
・・・。
もう何度も行っている場所であるにも関わらず・・・。

前回、快速が舞子駅に停車しなかったことを思い出し、不安に思いながら快速に乗車。
(基本的には快速は停車する予定の駅なのです。)

耳をそばだてている時に、何度も携帯がなり・・・・なんだろうと頭を違うあれこれがかすめたこと・・・と目の前にいつもお世話になっている西神戸支部の副支部長がいらっしゃるではないですか!逆らえなさそうな方の副支部長です。

私:「この快速、舞子に止まりますかね?」

副長:「大丈夫や」

私:「前回、これくらいの時間のが止まらなかったんですよ・・・。不安で。」

副長:「大丈夫やろ」

・・・

なんだか止めてくれそうな心強さを感じ、そのままついていくと、明石でした。

・・・

一緒に反対ホームへ。そしてリターン。無事遅刻で到着。

講師、川上徹也氏のご紹介の前に着席できました。

お話しは、会社をいかに世の中の人へ伝えていくのか。
それはストーリーが大事だというお話しでした。

最初に自分が紙に記入した、会社のストーリーと、お話しをお伺いした後でのストーリー。

正直、お話しを聞いた後でも、最初に考えていたことにブレは無かったのですが、
せっかくのチャンスですから、もっと深く考える時間にしたいと、
「花萌」の名前の由来からいろいろ考えていきますと、少し違う方向になりました。

せっかくですから、そのためにやってることを思いおこして書いてみて
ハタシテ自社の差別化はどこにあるのか・・・

見つけたくてたくさん書き出して、書き出している途中で、

あたりまえですが時間終了。

みなさんの書いた内容をお伺いする時間になりました。
今回上記のようにチャレンジしていたため、当りたくないな・・と思っていると、
案の定あたりまして・・・そう。だいたいそんなものです。

一応、書いたものを読み上げてみますと
なんとリンゴのご褒美までいただくことになりました・・・。

ちょっと複雑な気分と言いますか、、。
まとまってないのになあ・・と自分で苦笑してしまい、、。

でもせっかくのご褒美でしたので、うれしく頂いてまいりました!
ありがとうございました(^^)

さて、問題は山積みです。

自分が目指しているものと、お客様が求めているものが全く一緒だと目指すものがはっきりしていて、本当に理想的です。
まだKAMOEがやっていること、にしむらが取り組んでいることをPRしきれていない現状、そのうえ社内に徹底できていない現状では、、

今お客様が望んでいらっしゃることに全力で焦点を当てなければいけませんし、

その先に
やはり少し先を。そしてもっと喜んでいただけることをと模索しつづけないといけません・・。

技術の仕事、表現の仕事は本当に難しいことを日々感じます。

またそれだけやりがいも大きく、自分自身が成長出来、
そしてお客様に本当に喜んでいただける仕事です。

お客様とイメージを共有するための方法は
自分の知識と表現力を豊にしていくこと、そして既にある写真などのツールを活用すること。

できることをひとつずつ。一緒にがんばっていきましょうね。KAMOE/花萌のみなさんへ。

« 同窓生からの便り | トップページ | 神戸の教室で »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189161/47382345

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南ストーリーブランディング研究所:

« 同窓生からの便り | トップページ | 神戸の教室で »

フォト

Facebook KAMOE

神戸新聞マイベストプロ

NEOWOMAN

  • アクションフォーラム2010
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

西神戸の委員会いいんかい!

facebook