« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

冬季オリンピック

こんなに世の中がオリンピックで盛り上がっている時に・・。

ブログにオリンピックが1度も登場していないなんて・・。
驚いております。

見ていないわけはございません。
その日に見られなかった競技は夜中にチャンネルを追いかけまわし、
日によっては、そうクリスタルジャパンは明け方4時ごろから、応援しておりました。

それが、わたくし
大好きなフィギュアスケートのフリーの演技をまだ見れていないのです。。。。

もちろん、結果は存じております。
みなさんの素晴らしかったのお声もたくさん伺っています。

結果の理由も、それに対しての真央ちゃんの気持ちも、ミキちゃんのお話しも、鈴木ちゃんの思いも
全部ちゃんと伺っています。(友達みたいに書いてごめんなさい。選手ですね。)

みんなの、特に真央ちゃんは何度もSPや練習の風景を見ているので、フリーの様子もまるで見ているかのように
脳裏に浮かぶのですが、

でも見ていないのです。

このままではオリンピック終われない。
なんとか見ないと。

今日朝はスピードスケート、素晴らしい銀メダル。
最後の最後にドイツチームに追いつかれてしまいましたが本当に惜しかった。

そんな中、ゴルフの宮里藍さんはなんと開幕2連勝です!!!
凄すぎます!!!

みんなの頑張りに勇気とパワーをもらって、
私も明日から3月。がんばります。

2010年2月27日 (土)

日本フラワーデザイナー協会(NFD)通常総会

昨日は東京蒲田で
日本フラワーデザイナー協会 NFD 総会がありました。

全国各支部より代議員が集まります。
久しぶりの先生方にもお会いできる機会でもあります。

今回お隣にびっくりする先生が来られました。

多くの先生方が、ご挨拶に来られます。
役員も多く御経験されていて、創設のころからの先生でいらっしゃいますから、
その発言にみな緊張が走る先生です。

終日御一緒させて頂いて
先生の記憶力の凄さに驚きました・・。

事務局の方や、いろいろな先生とのやりとりを拝聴していて
真剣に考えてこられたからこそ、激しい発言にもつながるのだろうと思いました。

人は自分の知らないことや知らない人のことは素直に認められない特性があります。
多くの方と出会うことってとても学びが多いことだとあらためて思いました。

もっと知らないといけないことがたくさんあります。

総会資料の内容をとても勉強されている方々からの質問や御意見が多くあり、
時間は押せ押せの展開でした。


来年のNFD展は2月に京都で開催されることになりました。
その会場で高校生の技能大会も検討されているということです。

次回は花萌花教室からも頑張りましょうね。

詳細がわかりましたら、またご連絡させていただきます。

無事終わり。

今月は何度も東京に行きました。
月での回数は過去最高。。

ちょっと疲れと、腰痛と・・。

2月も終わりです。3月に向けて体調を整えないと。

3月は、卒業、入学、会社の送別、結婚式!

花屋がとても頼りにされるうれしい月です。
しかもNFD大賞もあり、
撮影のお仕事も・・。

あわわ・・久しぶりに思う「大丈夫か?わたし。」

大丈夫。大丈夫。
KAMOE/花萌 のみんながいつもついていてくれます。
応援して下さる皆さんがいてくれます。
私のこと大好きでいてくれる(たぶん!?)生徒のみなさんがついていてくれます。

がんばんなきゃ。

KAMOEスタッフのみんなのおかげで、私も大会に参加できるようになりました。
留守を守っていてくれて本当にありがとうございます。

3月26日~28日(日)の3日間 パシフィコ横浜で展示しています。

お近くの皆さま、遠方の皆さまも本当に毎回素晴らしい作品の数々に出会えます。
是非お出かけください。

精一杯頑張りますね!!

2010年2月25日 (木)

神戸ウエディング会議 販促部会

神戸ウエディング会議の販促部会がありました。

忙しい中お集まり頂き、活動の進捗状況の確認など、1時間半の会議を。
この会議の素晴らしいところは、専門分野を持つ人で、しかも決定権を持つほどの人が集まり、どんどん事が前に進んでいくところです。

これほど迅速にものごとが進んでいく団体はなかなか無いように思います。

今WEBの作成に取りかかっています。

今も会員さん向けの、どんな活動をしているかを報告するサイトはあるのですが、
みなさんに楽しんで頂いたり、神戸のウエディング情報を検索できるサイトがあると良いですよね。

実際にみなさんがどんなことを知りたいと思っているのか、
欲しい情報はどんなことなのかなど、

お声を聞かせて頂けるととてもうれしく思います。
限られた中ですので、全て反映できるわけではありませんが、
みなさんにとって必要なことはどんどん発信していけるといいなあと。

神戸ウエディングのメルマガも近く配信が始まります。
是非ご登録ください!

今日はその後も会議。
たくさんの方にお会いして、とても学んだ1日でした。

2010年2月24日 (水)

酒屋さんに注目される酒屋さんの話

3月17日(水)18:30~舞子ビラで例会発表されます、明石の岩井寿商店さん。

岩井さんの発表前プレ例会に参加してまいりました。
当日室長を仰せつかっているのですが、
未だ腰痛を抱え(こんなに長く痛いのは初めてでとんと困っています・・。)
大阪からダッシュも出来ず、
少し遅刻をしての参加になりました・・申し訳ございません。。

岩井さんのお話しは仕事への取り組み方。人との出会い。自分のモチベーション、夢。家族のこと、悔しい思い。うれしい思い。

岩井さんの人間味あふれる展開で、聞く人の心に伝わります。

本人曰く「最悪だった。どん底というより、こんな最悪なことあるんか・・。というところからスタートでした。」

・・・ほんまに最悪ですわ・・。

そんな彼が今は周り曰く「酒屋さんから注目される酒屋」に。そしてまだまだ発展途上。

おもしろいですよ。

3月17日はそんなお話しが聴けます。
経営にかかわる方でしたら、どなたでも参加できます。

私も室長で参加しています。

是非お問い合わせくださいませ。
(事前にお申し込みくださいね。)

2010年2月21日 (日)

Best FlowerArrangement ヨーロッパアワード受賞記念パーティー

六本木ヒルズの51階
六本木ヒルズクラブで表題のパーティーが開催されました。

日頃お世話になっている出版社のみなさんのお祝いなのですが、
出版社のみなさんが、私たちに感謝の意をということで
御招待頂いてのパーティーでした。

P1001806 P1001805

花業界でも、主にフラワーデザイナー、インストラクターを中心に、
出版関係者、カメラマン、市場やメーカーの方々、

かなり多くのみなさんが集まっていました。

久保数政先生と、坂口美重子先生(花阿彌インストラクター、NPA.e理事)と御一緒しました。
雑誌で見かける有名な先生方が次々久保先生のところにお話しをしに来られていました。

会場には花阿彌の先生や、ドイツに御一緒した先生や、久しぶりにお会いする先生方もいらっしゃいましたし、
TVでおなじみの刈谷崎省吾さんも出席されていました。

くじがあたった時の写真です。

P1001798 パーティーのメインは
フランスで撮影をした時のお話しです。

P1001803

カメラマンと編集長の掛け合いで、沢山の写真を拝見しながら、
素晴らしいヨーロッパの風景を拝見しました。

アワードを決定している主催側からは、フランスの方が来日されていらっしゃいました。

P1001797 その方からのプレゼントにみごと当たったのが坂口先生!!

とりを飾ってくださいました♪

フォーシーズンズプレスさん、受賞おめでとうございます!

P1001801

サントリー美術館 「おもてなしの美 宴のしつらい」

東京ミッドタウンにあるサントリー美術館へ行ってきました。

平安時代前後からの宴や、おもてなしの場に使われた
碗、茶器、掛け軸、それらが記録されている読み物、巻物などが展示されていました。

私の興味は碗や湯飲みに。

室町時代ころに作られたもの、江戸時代に作られたもの、

それらに良く似た食器が昭和の家にはありました。

私の実家で使っていた器に、どこか似ているものがたくさんありました。

焼き物や塗の碗。
その技術や釉薬の使い方、色の作り方、それらは脈々と受け継がれ、
当時は武家や寺、皇族しか使えなかったものが
一般化し、

そして今ではその姿が食卓から消えようとしているような気がしました。

つい20年前までは、食器屋さんで見かけた器。
今では洋食器や機能的でモダンな器に多くが代わっていっている。

私たちの時代は急激な変化をおこしているのではないか・・・。

それは本当に多くのことで。

常に新しい発想が時代をひっぱり、人の生活を豊かにしてきました。
それはとても素晴らしいことです。

そんな新しい発想の中に、
大切にする文化のこと

どのように共存していくのか。
私たちの生活スタイル?食文化?他いろいろなシーンで。

胸がつまるような思いになりました。

例えば、室町時代の人が現れて、昭和で、平成で使われている器をみたら、きっと感激したり、アドバイスをしてくれたりするでしょう。

そんな古人が作り上げてきたものが無くなってしまうとしたら、
本当に残念だと思いました。

物の文化と一緒におもてなしする心配りの文化。

ちゃんと伝わっていますか?

私もそう。ちゃんと意識して生活していますか?

私たちは素敵な文化の継承者です。

新しいものの中にちょっとずつ、
そんな文化を取り入れられるともう少し豊かになれるような気がしました。

医学と芸術展 森美術館

森美術館の「医学と芸術展」に行ってきました。

P1001817

人の歴史と一緒に薬草の歴史があり、医学の歴史につながります。

まだサリシンが単体で発見される以前には、麻酔も無い中で
医療行為がなされ、人は命を落としたり、救われたりしながら
多くの発見をしてきました。

その様子が絵画で残されていたり、

牛の脳の解剖から、人の脳を予測のもと書いてみたり、模型を作ってみたり、
手術の技術をきちんと残せるように芸術は大きな力で寄与してきています。

生と死をテーマとした
大きなフォトグラフもありました。

生きている人その横にその数日後亡くなられてすぐの顔が飾ってあります。
もちろん、家族と本人にその写真の意味を伝え、許可をもらっての撮影です。

生きるということそのものがそこにありました。

そして未来ゾーンには

物議をかもしだしている、
「光るウサギ」

クラゲの遺伝子とウサギの遺伝子を組み替えることにより
暗くなると光るウサギが生まれました。

それは1度しか人の目に触れていません。

そのウサギを世に出した人は、そのウサギを芸術として世に出したのです。

「遺伝子の組み換えがあっても、ウサギはウサギであることを訴えたかった。」

そんなコメントがありました。

私たちは大変な時代に生きています。

人任せにしたり、考えることを放棄するわけにいきません。

地球上の植物に対しては既に多くの遺伝子の組み換えをしています。
それがどんな影響があるかは未知の世界です。

そして今度は動物に・・。

クローンの技術もどんどん進化しています。

人もクローンで「作ること」ができる技術は既にあります。

倫理。

考えることは放棄してはいけないと思います。

したたかな植物たち 

C.W.ニコル氏のお話しの中で

「生物の多様性」について「多様性は可能性」という言葉がありました。
助け合うほど生き延びる可能性がある。。。ということは
多ければ多いほど皆が助け合えるということです。

それは動物も、植物も、昆虫も、人も山も、海もです。

P1001819   

そんなお話しの後、
立教大学、国際基督教大学非常勤講師で理学博士の多田多恵子先生の講演でした。

植物の未知なる能力が少しずつ解明されていっています。
植物の香り成分と繁殖の話を中心のお話しでしたが、

今回初めて伺ったことがありました。

「植物は香りでコミュニケーションをしている」
植物は害虫に食べられると、その傷口から別の香りを発生することは
既に知られています。その香りでその害虫を食べる鳥などを呼ぶのです。

最近の報告では
周りの仲間がその香りを出すと、自分は害虫に食べられていないのにも関わらず、
自分もその香りを出して先に鳥を呼ぶというのです。

生き残る為の知恵でしょうか。

感動です!

ここにも多様性のお互いの存在意味がありますね。

植物のもつたくさんの機能や知恵を学んでいきたいとあらためて思いました。

森を守る

環境カオリスタ創設記念フォーラムでC.W.ニコルさんと多田多恵子さんの講演があるということで、出張の合間一部だけでもと、出かけてきました。

初めての六本木ヒルズの49階。部屋からの景色です。

P1001818

お二人ともこの世界では大変御活躍の方です。
おふたりの本は何冊か読んでいますので、今伝えたいことを是非お伺いしたいと思いました。

C.W.ニコルさんは日本の良さを日本人である私たちよりずっと良く御存じの方です。
それと同時に日本の森が、自然の良さを復活させたいと、誰より真剣に考え実行されている方だと思います。

日本は
北に流氷があり、南にはサンゴ礁。そんな島はどこにもありません。
植民地に一度もならなかったこと。だからこそ、生粋の日本文化が脈々と受け継がれてきている。そんな国民は少ない。

日本には
言論の自由がある。
宗教の自由がある。
旅の自由がある。

そして何より、
第二次世界大戦以降、一度も戦争をしていない。ずっと平和であること。
それ以上に素晴らしいことはないくらいに素晴らしい国だ。

と、おっしゃっていました。
(これは故筑紫哲也さんも本で書いていらっしゃいました。)

日本の森の絶滅危惧種は、「こども」だとも言われていました。
30年前、たった30年前は木や草やキノコや虫や鳥のことを知っている「こども」がたくさん走っていたと。

その子たちから沢山の自然のことを教えてもらったとおっしゃっていました。

people need woods.

woods need people.

ニコルさんは、何度かこの国はお金を追いかけるようになった。
と。

それはニコルさんがいつも感じていることなのかもしれません。

いろいろな思いが溢れ言葉では語れない、複雑な気持ちになりました。

多田さんのお話しは次回に続く

2010年2月18日 (木)

茅ヶ崎、花阿彌本校にて

花阿彌の活動の中で、そのインストラクターの会(HAIS)があります。

先日の岡山でのイベントのような活動を行っています。

花阿彌は、全国に70名弱の講師やデザイナーが活動をしていますが、
フラワーデザインの普及がずべての活動の主目的です。

通常の教室活動の他、デザイン研究会、テキスト(シェーマ)編纂委員会、
HAIS活動、 展示会、 デモンストレーション 等など

今花の業界をしっかりと考え
前を向いて進んでいるグループをもっと知ってもらいたいと
今日は強く感じました。

今月は出張が多い為、
日帰りの強行スケジュールですが、
もっともっとみんなと話しがしたいくらいでした。

6月17日~20日まで

東京目黒川沿いの会場で展示会&レッスン&デモンストレーションなどを開催します。
花に興味の無い方にこそ、見て頂きたい展示会です。

自分の中にある、心の奥にある何かに出会える世界だと

私はいつも思うのです。

それは作り手が深い思いで作っているから。
生きている植物や花が一緒に伝えてくれるから。

見て下さった人が、

「なんだか分からないけど、感動した。」と
「こんな世界があるんですね。」と

言ってくれることが本当にうれしい。

そして、楽しんでくださることが本当にうれしいのです。

6月、スケジュールを入れておいてくださいね。
会場でお会いできるのを楽しみにしています。 ^^

2010年2月17日 (水)

Best FlowerArrangement

P1001722 今発売されている「Best FlowerArrangement」 に掲載のフラワーギフトです。

生花でもプリザーブドでもオーダー頂けますよ^^

サイズは小さくても気持ちがいっぱい伝わるアレンジメントです!P1001720

同じ号に教室の生徒さんからの御意見が載っている教室紹介のページがあります!

こちらの表紙を探してみてくださいませ♪

P1001724_2

2010年2月16日 (火)

フローリスト に花阿彌ブルーメンシューレイベント掲載

P1001719 花雑誌「フローリスト」に11月にありました花阿彌ブルーメンシューレイベントの入賞作品が掲載されています。

全国の花阿彌ブルーメンシューレで勉強されている生徒さんと卒業生が参加するイベントで、作品を持ち込んでのコンテストを開催しています。

全ての作品に久保先生とGabi先生からのコメントを頂くことが出来るので、
自分の作品のことだけでなく、いろいろなバランスや色やデザインを仕上げるポイントが学べる機会です。

完成度の高い素敵な作品が掲載されています。
是非お手にとってご覧くださいませ!

2010年2月15日 (月)

ネペンシス

明日の久保先生の神戸レッスン

テーマは「植物からのインスピレーション」

さて、テーマの課題とされたのが表題のネペンシス。
注文をしたものが届くのが今日の夜。

なので明日のレッスンの前に先取りに行ってきました。

いつものことですが
早朝からの競りにも関わらず、
多くのみなさんが夜遅くまでいらっしゃって、本当にいつ寝ていらっしゃるのやら・・。

いつも本当にありがとうございます。

せっかくなので、たくさんの植物を拝見し、
予定以上に頂いてきてしまいました。

P1001746 クリスマスローズP1001745 P1001744 ヘリオトロープやパフィオ。

他にも良い出会いがたくさん。

ネペンシスは明日のブログで!

神戸を代表するロック・フィールドさんのヘッドオフィスへ

神戸女性経営者クラブの例会として、
今日はロックフィールドさんの魚崎のオフィスにお伺いしました。

P1001730 安藤忠雄さんの建物、その広々とした社内に入る前に
スリッパに履き替え、消毒液で手洗いをし、社会見学という雰囲気でオフィスを見せて頂きました。

静岡には野菜を中心としたサラダ工場をお持ちで、そこは風力発電と社屋のまわりに作られているビオトープにより、水を自然のままに返す試みを2000年より完備され、続けてこられています。

その静岡工場とリアルタイムで画像と共に会話が出来るようになっており、
工場で作業をされるみなさんの様子が映し出されました。

TOYOTAスタイルです。
TOYOTAでは全ての作業についてビデオを撮影し、その作業工程の中から無駄を排除することによって単価を下げる試みを関係各社共にやっていると伺ったことがあります。

ロックフィールドさんでは、静岡の工場を立ち上げる時に、やはりTOYOTAの方に来て頂き、ノウハウや多くの試みをされてきたと伺いました。

そして何より大事なことは社長自ら生産農家さんに出向き、その年のでき具合を確認し、お話をされていることのようにも思いました。

本当に食材を大事に考えられていること
困難の中からチャンスをつかみ夢を実現してこられたこと。

P1001726 P1001727

今からの時代にも同じ精神が必要だと思うお話しでした。

岩田社長、お忙しい中、出張前の貴重な時間にお話しをありがとうございました。

お土産を頂き、帰社。
いろいろ考える時間を頂きました。

友人のお嬢さんの絵 東京美術館に展示されています

Cah3v28c 以前にもご紹介させていただいたことがあります。

友人のお嬢さんの絵。小さい時から数々の受賞をされてきました。
今回も全日本学生美術展で推奨もらいました!一等賞らしいです!

明るくい色彩の油絵ですね-。ほんとうに笑みが浮かんできます。

メールで知らせてくださいました。足はお嬢さんのかな??
かわいいおまけです。

Cab6fcol

こちらは、佳作に入ったんですって。

年賀状に使っていた絵です。

素敵ですね。絵本にしてもらいたいです!!

上野の東京都美術館で今週金曜日2時までです。本日月曜は休館日です。

お近くの方は是非おでかけくださいませ(^^)

インビクタス

P1001725 アパルトヘイトから立ち上がった南アフリカ共和国の歴史の側面が描かれていました。

どこまでが、歴史の事実なのか、また書籍で知りたいと思いましたが、

30年牢獄に入っていた、新大統領の多くの決断が無ければ違う歴史があったかもしれません。

まだそれから間もないということ。

まだまだ世界にはたくさんの目を反らしてはいけないことがあることも

ふと思い起こさせる映画でした。

若い方に見て頂きたい映画でした。

2010年2月13日 (土)

ちょっとしたうれしいこと

本当にちょっとしたこと。

読んで頂くのも申し訳ない。

名前で判定?判定方法はよくわからないのですが、

幕末に登場した人で私は誰?のようなものをやってみました

私はこのひと

思いもしない人が登場したのでうれしくなってブログに残しておこうと書いてます。

前に書きましたが、どちらかというと、私海賊とかに縁がありそうな気がしていましたので。。

東郷平八郎さんは軍人としても数々の功績を残していらっしゃいますが
東宮御学問所の総裁として昭和天皇の教育をなされた方だったそうです。

勉強になります。

歴史の中には注目しなければならない方がたくさんいらっしゃいます。
その方が何を考え、どのように生きたのか。

日本史で拝見したお名前にここでまた会うことが出来たのはやはり御縁ですね。
早速何か本を探して読んでみたいと思います。

ゲーム(うらない?)の楽しみから生まれたうれしい今日のひと時でした。

2010年2月12日 (金)

会員NO.8

いつもお世話になってます、「あなたの総務部 国香紙業」さん!

若旦那イズムNO.8として、登場させていただきましたhappy01

つい最近、電鉄商事山端さんの「バタブロ」に登場させていただいたところでしたので、
国香さんからお話し頂いた時に、よければNO.8で!と予約をさせて頂きました。

いよいよ私、 会員NO.8 になって参りました(^^)

手の写真はこのとき初めて撮りました。

自分で撮影するのは意外と難しく、
通りすがりの方に注目されてしまったり・・。

せっかくなので青空をバックにしたいと思って、数日青空を待ちました。

これは国香さんからもお褒めの言葉を頂きました♪

若旦那、ありがとうございました!!

みなさまこれからも、「若旦那イズム」ご愛読くださいませ!

2010年2月11日 (木)

日本プリザーブドフラワー認定協会.e&スミザーズオアシスジャパン㈱合同企画

日本プリザーブドフラワー認定協会.e&スミザーズオアシスジャパン㈱合同企画
プリザーブドフラワーコンテスト2010」の表彰式&受賞パーティーが

日本橋にあります、フロールエバーギャラリーで開催されました。
10日~14日まで、1次審査における上位受賞作品が展示されている会場です。

P1001694

この企画は昨年に引き続き、2回目で一般の方に広くプリザーブドフラワーを楽しんで頂き、プリザーブドフラワーの普及および、デザインの向上を目的として行われています。

雑誌「PreFla」紙上で各部門(ウエディングブーケ、ギフトアレンジメント、コラージュ)の上位5作品を発表させて頂き、合計15作品からHPや携帯から一般投票を行って頂いています。
審査委員長は当協会の技術顧問でもあります、久保数政先生、
ガブリエル・ワーグナー久保先生
そしてフォーシーズンズプレス「PriFla」編集長、カメラマン松岡茂樹氏、当協会理事が審査に加わりまして、1位~3位が決定致します。

こちらは「PreFla」4月発売号にて掲載されますので、みなさま楽しみにご覧頂きたいと思います。

今日のパーティーには
受賞されました15作品14名のみなさん(おひとり2部門で受賞されています!)のうち、
当日どうしてもご出席できなくなったおひとりのみご欠席の13名のみなさんが、全国からお集まりくださいました!

P1001695 P1001696
P1001692

写真は準備の様子です。

そして日頃よりお世話になっております、

スミザーズオアシスジャパン㈱より代表取締役道田社長
何度もご相談に乗ってくださった、マーケティングマネージャーの安田さん

㈱東京堂より永田専務

会場とさせていただきました、フロールエバー(㈱アスク)よりカルデナス社長、社長夫人、営業久保田さんやご相談に乗って頂いた、高見さん、

花阿彌 久保数政先生

フォーシーズンズプレスより、櫻井さんにご出席頂き、

とても素敵な受賞&懇親のパーティーとなりました。
今回私が司会進行を緊張しながら行っていましたので、パーティー中の写真が全然ありません・・。
でもとても和やかな空気でとても助けていただきました。
ありがとうございましたhappy01

展示頂きました15作品ひとつひとつについて久保先生からの講評も頂き、それが何よりの勉強の場となりました。P1001691_3

昨年コロンビアに日本のフラワーデザイナーとして招待された、平田先生も参加してくださいました!

久保先生が真剣に評価に臨んでいる様子です。

P1001683_2 みなさんの情熱やご協賛くださいました皆様の暖かい思いをたくさん感じた1日になりました。本当にありがとうございました。

P1001687

お話中に撮影していただきました。
右から道田社長、安田さん、私、カルディナス社長夫人。
ありがとうごございました!

そして久保先生、いつも本当にありがとうございます♪
P1001690

2010年2月 9日 (火)

NeoWoman2

早速使ってみました。

P1001699 きれいなピカピカは金粉です!

P1001701 プルプルのゼリー状です。金粉もいっぱい。

手の皺が多いということはよく言われます。
手相を見てもらうのが怖いくらい皺だらけです(^^)

で、私は春に向けて肩から腕に使ってみることにしました。

するすると滑りやすく、香りも気持ちいい。
少しすると、案外しっかりしている感じがしてきます。

気づくと金粉はありません。

細かく肌吸収されているのでしょうか・・・?

さてこのジェルの効果がどうなるかは、約1カ月後のパティーまで私にもわかりません。

毎日使ったほうがいいのかな?1日おきくらいでしょうか?
こういうことに慣れていないとそんなこともわからない・・。

1日おきで慣れてきたらまた考えましょうか?

では、またご報告いたしますね。お楽しみに(^^)/

2010年2月 8日 (月)

NeoWoman

NeoWoman に声をかけて頂いて、3か月くらい?たつでしょうか・・。

私いつものことながらスタートが遅くてごめんなさい。
今日やっと「美しくなる」ためのアイテムを入手させていただきました!

美しくなりたい!!と言いながら、何も出来ない(・・何もしない・・)私に
救いの手ともいえるこの企画。

みんなが何かにチャレンジしているから、一緒に頑張れる。

本当にそうだな・・と。

さて、今日から私の「美しくなる」為の1歩が始まると思うとわくわくします。
(ごめんなさい、私だけがわくわくしていますね。)

では、ご報告をお待ちくださいませ(^^)ね。

2010年2月 7日 (日)

月刊 神戸っ子 「KOBECCO」 2月号

月刊 神戸っ子さん 2月号が書店にて販売されております。
1冊¥500-です。是非お手に取ってご覧いただけたらと思います。

お買い求め頂きましたら、P1001680
表紙は「灘酒」特集

「自然と暮らす」無添加の家

神戸南京町 春節祭 2月14日~21日

とつづき、

P49 は

P1001679

と大きく書いていただいたページが登場します。
ありがとうございますhappy01

とても素敵に書いていただいています。

最近、取材を頂くと自己紹介よりもずっとずっと素敵に書いて頂けるのです。感激です。
本当にうれしい~と思います。

ページ最終の下りは、そんなところまでお話を聞いていてくださったんだな~と、
しみじみ思うものがありました。

みなさま、神戸の特集記事をご覧いただきましたついでに
にしむらのページも、ちらっと、ちょこっと、ご覧いただけましたらうれしく思います♪

花阿彌インストラクターの会「花一途」in岡山

花阿彌の会「花一途」が岡山駅から車で10分程のレストラン「アルフレッチェ」さんで開催されました。

毎年、全国を6つの地区に分け、花阿彌のインストラクターが主催し、一般の皆さまに花、フラワーデザインを楽しんで頂くイベントを行っています。
今回は岡山にて、ビュッフェ形式でお食事やお飲み物を楽しんで頂きながら、フラワーデザインに親しんで頂く会を開催することになりました。

花阿彌のインストラクターやそのスクールで学ぶ生徒さんたちが
レストラン内に作られて3つのステージに交代で登場し、
各々デモンストレーション(ワークショップ)を行い、
来て下さったみなさんと交流をもちながら「フラワーデザイン」を楽しんで頂きました。

様子を写真でお届けしますのでご覧ください。

P1001574 P1001580 P1001583 P1001584 P1001588_2 P1001589 P1001592 P1001594 P1001596 P1001597 P1001600 P1001601

静かにその時を待つ様子です。P1001604

そしてスタート! P1001610 P1001614 P1001616 P1001624 P1001617 P1001639 P1001626 P1001627 P1001628 P1001629 P1001630 P1001633 P1001635 P1001637 P1001643 P1001645 P1001649 P1001652 P1001661 準備スタートのシーン。

200名の方にご来場頂き、華やかに楽しく素敵な時間を過ごすことが出来ました。

最後に、作品は抽選で、そして会場を飾ったお花も全部みなさんにお持ち帰りいただきました!お花を持ってるとみなさん自然と笑顔になるのですね。
素敵な笑顔の皆さまをお見送りできて、本当に幸せでした。

みなさま本当にありがとうございました!

花阿彌中国四国九州地区のみなさま、本当にお疲れ様でした!

2010年2月 5日 (金)

帰省 

P1001666

駅を降りて北側すぐに聳え立つ天守閣。
いつものこの景色と、なんとなくゆるりとした空気を感じて、深呼吸して心の中で「ただいま~」と言います。

時間の流れが1.5~3倍にも、感じる街。福山。

そういえば、私が神戸大阪へ出てきた時は、そのスピードに圧倒されて、ひとこともしゃべられなかった記憶もいまだに新しくあります。

仁義ものの映画に代表される、肝の座った怖い一面と、ゆったりと穏やかな顔を持つ、
そんな個性がこの街にはあります。

着くと、まず一番に予定のお墓参りに。ご先祖様と、親父様にご挨拶しなければゆっくり出来ません。

そこには今回も母の知らないお花が手向けられていました。
いつもそうなのです。
私がお参りする時には、母の花以外にも何方かのお庭に咲いていたようなお花や、お花屋さんでご用意頂いたと思われる、季節の違うお花、枝ものなどがあり、本当にありがたく父が生前多くの方と深くかかわっていたことを感じるのです。

「子供は親を超えていかないといけないんだよ。」

そう言われ育った私ですが、
年を重ねる毎に遠く偉大に感じます。

久しぶりの実家で、母の手料理を頂きながら、
弟嫁がお正月に持ってきてくれたという、日本酒を頂いて、

ゆっくり、でも姦しく話明かして過ごしました。

そうそう母の音楽の才能はすごいもので、
この年(ひみつにしておきます)になってと言っても始めたのは10年とか5年とか前からですが、

コーラス、ピアノ、オカリナetc 何をやっても、転がるようなやさしい音色を奏でます。

発表会には聞きにいきたいのだけど・・。
発表会っていつも日曜日なのですよね。

何年か前に聞きにきて、それ以来になってしまっています。
今年は既に難しい日程。
来年こそは母の成長を見るために、お休みをなんとしても取りたい。社っ長のひとりごと。

2010年2月 4日 (木)

twitter って・・。

このごろ、教室でみなさんが作られるお花の写真や、ちょっとした出来事をtwitterでつぶやくようにしていましたら、

ブログの更新が遅れがちだな・・と自己反省をしています。

発信することに使える時間って、1日の中である程度限られているのかもしれないな・・と思ったり・・。

明石家さんまさんが、起きてる間中でも誰かと話しをしていたい、というのは本当に才能だと思いますが、
それと同じようなことをtwitterは文字でやっているのですよね。

すごい世の中になってきた・・。

そういえば、

今日元町VEGAにユニクロが入ることを知りました。
PCの情報以上に、自分の街を歩き回って見て感じて、情報をつかむこと。

忘れちゃいけないと感じた瞬間でした。

P1001667

2010年2月 3日 (水)

こころ

私のとても大切な人の、とても大切な方が亡くなられたと連絡があり、

今朝彼女の顔を見て、見送りました。

気丈にしていても、判断能力が落ち、集中力や感覚がちがっているときです。
とにかく気をつけて。。

それしか声をかけられませんでした。

とにかく気をつけてね。
子供たちと一緒だから、大丈夫ね。

こういうときのことばはどうつたえたらよいのでしょう。

心からこころからご冥福をお祈りしております。

大切な日

今日は父の命日です。
今週は週末の出張の途中で、お墓か参りに行こうと思っています。

寡黙で、家ではよけいなおしゃべりはほとんどしなかった父ですが、

本当は楽しいことが大好きな悪ガキでした。
父から聞く、小さい頃の話しは疎開していた頃の話が多く、
一番多感だった頃に経験したこと、
そこで教えられたことが、本当に大きな影響があったのだと感じたものでした。

私は、父が勤めていた会社の方や、身内のみなさんから、厳しいと言われている父の、
とても思いやりがある、やさしい部分やお茶目な部分を小さいころから、ちょこちょこ見ていましたから、

みんなの言うことを理解するのに随分時間がかかりました。

日本の歴史のことも、世界で起こっている飢餓や干ばつのことも、
近所の方や、畑をやっているおじいさんのことも(これらは朝の弾という犬の散歩中にお話しするようで、、。)食卓の話題になり、

スポーツ全般何でもよく知っていて、ゆかりのあるチームや個人は常に声を出して応援している父。

冬に火の用心の巡回がくると、扉をあけて「御苦労さま~!」と声をかける父。

枕もとにいつも本が10冊くらい積んであって、
会社から帰る時間も遅く、朝も早いのにもかかわらず、
毎月多くの書物を読み上げるその姿勢。

人にはとても紳士的で、嫌な思いをかけないようにと
言葉や、身だしなみをいつもきちんとしていた父。

そんな父の一番の理解者で、家では父のおもうように過ごせるよう、
私たち姉弟をちゃんと躾けた(??)母。

ものすごく、理想的だなあ、、、と。今になってようやく本当のすごさがわかります。

だんだん、私もその当時の二人の年齢に近くなっていくのですから・・。

もちろん、夫婦の間にはいろいろあったことだと思いますが、
それでも、子供の前では1度も喧嘩もせず、

あ、、一度だけ、様子がおかしいな?と感じたことはありましたが。。

父からは母のようになってほしいと言われ、
母からは父のすごさを教えられ育てられたことを
このことが何よりすごいと、今感じています。

至らぬ私が、こんなことを言っても笑われてしまうでしょうけどね。

でも今から子育てする方には、本当にそんな子育て
おすすめです。

少なくとも、そうやって育てられたおかげ様で、
親を心から尊敬する気持ちをいつまでも持ちけられることは、実証済みですよ。

2010年2月 2日 (火)

お誕生日

今日、私のお誕生日でした。ありがとうございます!

母とも話しをし、友達からメールを頂き、弟からも夜中にメールが届きました。
みんな本当にありがとう!!!みんなに見守られて、心配して頂いていることを強く強くかんじます。

彼(相方)とは劇団四季の「WICKED」を見てきました。

OZの国のお話し。すべてのことに幾つもの見方がある。
自分には一方向しか見えていないことをいつも知っていないといけない。

悲しいストーリーを面白く楽しく展開しながら、
強いメッセージを受けとって帰ってきました。

劇団四季のステージはいつもその中引き込まれて、自分も彼らの友達のような気分になります。そのエネルギーは本当にすごい。

楽しい気分のまま帰宅すると
素敵な本のプレゼントがありました。

シャーリーン・コスタンゾ:作 /黒井健 :訳・絵

「12の贈り物」
あなたが生まれたときに、
12の贈り物がさずけられました。
あなたのかけがえのない命のために。
あなたの素晴らしい人生のために。

1番目の贈り物は「力」です。

・・・・・

そうして物語は私に12の贈り物を届けてくれました。

この贈り物は、父から、母から、兄弟から、友達から、先輩から、仲間から、仕事から、そして彼から、

自分の未熟さの中から、教えてもらってきたもの。

でもちゃんと、だれにも贈り物は生まれた時に授けられているのだと、
教えてもらいました。

またみんなに感謝です。

そして父と母に感謝があふれる1日になりました。

素敵な贈り物をありがとう。

ハッピーバースデー(^^)

12の贈り物はみんなが持っているのですって。
知りたい方は・・・・本を読んでみてくださいね。

新入社員研修

2月1日&2日9:00~16:00 はKAMOE/花萌 の新入社員&スタッフ研修でした。

今期、4名の新しい方が来られます。

1日目

会社概要
経営理念、行動規範。
ショップの1日のルーティンワーク
ウエディングの1週間の仕事内容

配達、配送の心得
お取引先様のこと

KAMOE/花萌の取り組んでいること
にしむら(私)の取り組んでいること

お昼休憩

実際のブーケ(丁度夜のショーのブーケが必要だったので)一部見て頂きながら。
巻き上げ等のケース説明

ワイヤリング技術について考え方と実際

2日目

名刺交換等、挨拶について

打ち合わせの仕方
実習

お昼休憩

フラワーデザインの実際と理論の活かし方。

打ち合わせの実習
原価計算

花組表の活用の仕方

ほぼ予定は達成。時間もぴったり。
みなさん優秀です!

2日目は学生さんが試験のためお休みで、別の日に補習が必要予定です。

みなさん今までの経験等があるため、どうしても混乱してしまう部分があります。
それをある程度自分で把握する時間が必要な為、このこの研修を行います。

まったく初めての方も戸惑い気味でしたが、理解する努力をお願いするばかりです。

質問はいつでも。私もマネージャーも承りますのでね。

それぞれ、スタート日は違いますが同期生です。助け合って頑張っていきましょう!

みなさんの個性は大事にしたいと思います。
ただ、お客様がよりうれしく思う仕事上の変化(成長)は必要です。

2日間でもう十分伝わったと思いますが、
KAMOE/花萌のこだわり部分については、うるさいですよ。

それ以外は、本当に伸び伸び仕事に取り組んで頂きたいと思っています。

どうぞ、よろしくお願い致します!!

2010年2月 1日 (月)

神戸美少女図鑑コレクション

今回初めて開催されました神戸の一般の美少女さんたちによる、ファッション&ヘアメイクショー「神戸美少女図鑑コレクション」に神戸ウエディング会議が協賛いたしました。

19:00~の開演でしたが、雨の中多くの方がわくわく顔で駆けつけていらっしゃいました。
リハーサル風景

P1001561_2

神戸ウエディング会議イベント部会の部会長をしてくださっています、
エスタシオン・デ・神戸の永井支配人、コーディネーターのビ―ブラウン西さん、バルーンアートのアルテノバさんのスタッフのみなさん。朝から、入口や会場内の装飾の準備で終日のお仕事!このオブジェの素敵なこと!ショーの盛り上がりを予感させる素敵なアートバルーンです!

P1001557_2 P1001550_3  ショーの様子を少し写真でどうぞ!

今回の花装飾は、ビーブラウン河内さん、ピー・オー・エフの森本さん、堀さん、そしてKAMOE/花萌で担当させていただきました。P1001549P1001545 P1001547p60 P1001546 最初はファッションショー。そしてヘアメイクショー。途中シンガーソングライターのヤマシタショウさんのライブもあり、後半のヘアメイクショー。

その間、ずっとカメラマンさんは美少女ちゃんたちを撮影し続け、皮ジャンが絞れるくらいの汗で頑張っていらっしゃいました!

若い女の子たちはヘアメイクさんたちにあこがれるのでしょうね、きゃーきゃーといった声まで聞こえて。。すごいなあ、、。

P1001544 P1001542 P1001538

そんな盛りだくさんのショーのフィナーレは、やはりアルテノバさんのバルーン!

スパークバルーンがみなさんの手であっちこちに跳ね上げられ、その途中で破裂!
中からかわいい小さなハートのバルーンがたくさん 落ちてくる仕組みです♪

楽しさ満点の演出で、ショーは終了。 P1001555

P1001536

おなかすいたね。。

と、数名で軽く数杯のお酒を頂き、
神戸の夜は更けていきました。。

みなさんお疲れ様でした。

神戸の若い世代にが、どんどん元気になって新しいものを発信していきますように!

そして私たちはいつも「結婚しようよ、神戸で!」って。

伝えたくてがんばっています(^^)/

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

フォト

Facebook KAMOE

神戸新聞マイベストプロ

NEOWOMAN

  • アクションフォーラム2010
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

西神戸の委員会いいんかい!

facebook