« システムから感じるサービスの心 | トップページ | 神戸で真珠婚式 「パールウエディング」 募集開始です! »

2010年4月20日 (火)

神戸女性経営者倶楽部 認知症のお話

神戸女性経営者倶楽部の例会がありました。

講師は ファーマ・ケア研究所/神戸薬科大学非常勤講師の播本高志氏

「私は介護ビジネスの未来は明るいと考えています。」
という元気なお話しのスタート。

もちろん、全てのビジネスは未来が明るい方が良いのですが
なんとなく違和感を感じながら・・・。

しかしお話しは大変分かりやすく、どんな人が痴ほう症になりやすいのかなど、
身に迫る恐怖にもつながる、情報を交えて頂き、大変参考になるものでした。

あ。。つまりは私自身が既に予備軍かもしれないという情報(^^;)です。

痴呆症は大きく2つのパターンに分けて考えられています。

ひとつは生活習慣病から来る、脳溢血や脳梗塞などの後遺症としての認知症。

そしてアルツハイマーと呼ばれる認知症。

アルツハイマーの方の脳を調べると、脳が委縮して小さくなっていることは知られています。

後遺症の場合、生活習慣の見直しで、その原因の病気にならないことが一番重要なことになりますが、

アルツハイマーの場合はそのものが病気であり、その原因が既に解明されてきていると。

委縮した細胞の周りには膜のように タンパク質(アミロイド)が付着している状態になっていまして、その状態になると、脳細胞が死んでいきます。

脳細胞が死滅していくと、 アミロイドを掃除する作用を持つ、アセチルコリンが 減少し、益々脳が委縮していきます。

そのアセチルコリンを増やす薬が「アディセプト」=抗認知症薬

エーザイ製薬で開発されて、既に使用されています。
この薬は進行を抑える効果があることと、早期であれば改善もみられることで
世界中から注目をされている薬なのだそうです。(対処療法)

そして今研究が進んでいるのは、認知症予備軍MCIと呼ばれる人に対して認知症にならないための処方(根本療法)です。

予防ですので、まずはMCIである可能性がある人が早く病院に行く必要があります。
MCIの人の症状とは
○毎日行っていることを、急に真っ白になったように忘れることが まれにある。
○大事なお取引先様との大事な用事をうっかり忘れたことなどが 1度でもある。
○いつも顔を見ている人、いつも話しをしている人の名前が出てこないことが まれにある。

このあたりのどれかひとつでも思い当たったら、、、、。MCIの可能性が・・・。

でも大丈夫です。

既に予防治療は始まっているとのこと。
治験かもしれませんが、、。(詳細は不明)

私と同じように感じていらっしゃる方、
日本の医学医療の力を信じて

生活習慣は自分で対処して、

一緒に元気に長生きしましょう!

グループホームの有効性も学びましたが、こちらはまた機会がある時にお話しししますね。

「生きてるだけでまるもうけ」 by 明石家さんま さん 

    ・・・あの歌本当にいい歌ですね。。BIGIN。

« システムから感じるサービスの心 | トップページ | 神戸で真珠婚式 「パールウエディング」 募集開始です! »

経営 学び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189161/48161965

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸女性経営者倶楽部 認知症のお話:

« システムから感じるサービスの心 | トップページ | 神戸で真珠婚式 「パールウエディング」 募集開始です! »

フォト

Facebook KAMOE

神戸新聞マイベストプロ

NEOWOMAN

  • アクションフォーラム2010
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

西神戸の委員会いいんかい!

facebook