« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月31日 (日)

201010

  ★アメブロ 【花のひと】 もご覧ください♪ こちらは、お花がいっぱいです (*^^*)  

2011713net3_2

KAMOE/花萌 On-line Shop

  

クリックで救える命がある。

2011年7月30日 (土)

北島康介選手 銀メダルおめでとうございます!!

201108010003spnavi_2011072600003_th 北島選手

彼の泳ぎはすごかったですね。

渾身の力を振り絞った姿を見せて頂きました。

自分のイメージ通りになかなかならない動きと戦いながら、

言い訳もなく、努力をし続けてきて、

世界水泳で、世界新かと思わせる泳ぎを見せてくれました。

本調子であれば、あのままいけたのかもしれませんね。

金メダルのオーエン選手はやはりすごかったです。

みんなが日頃から想像を超えるそれが普通となっている練習を行い、
この日に照準をあてて、頑張ってきたその瞬間を見せて頂いている。

勝負の世界は分かりやすく、人を感動させてくれます。

彼らの姿からたくさん学びます。

他の選手のみなさんからも。

本当におめでとうございます!!

そして、ありがとうございます!

ひとりごとで・・
入江選手はもっと記録を伸ばせそうですね。すごいです。本人もそのつもりでしょうけれど。
天からの才能をもって、そして計り知れない努力をするって、、、本当にすごいことですね!

中小企業家同友会西神戸支部7月例会

7月22日

兵庫県中小企業家同友会西神戸支部の7月例会が開催されました。

株式会社水島酸素商会 代表取締役会長 山下英世氏 より
Vision2015を大テーマに

「明日の行動が変われば、5年後の未来が変わる」
結果を出す人が始めている、ビジョナリーカンパニーへの道

として、報告を頂きました。

同友会のVision作りに5期にわたり携わり
2015では、委員長を務められました。

Visionに携わり、それを会社に落とし込み、
進んで来られた道のりを、ゆっくり丁寧にお話し頂きました。

会社の規模も扱っているものも全く違いますが、

取り組んで来られたことは学ぶべきことばかりです。
勉強をしていたら、経営をしていたら、当たり前のこと、

その当たり前のことが出来ているのか?と突きつけられれば
小さくなってしまうことばかりです。

当たり前のことを会社レベルでみんなでやっていくことのいかに難しいことか。

大事な事を大事にしていくこと。

決めたことは必ずやりきること。

働く人が幸せであれば、みな会社の理念を共有しお客様の幸せを真剣に考えられること。

一番重きを置くのは人材であり、人材である以上、社内教育がいかに大事であるかということ。

他にも

今回は寺子屋的に、
前もって質問を出させていただく形式とし、

私もいくつかの質問を出させて頂きました。

その内容に丁寧にお答えも頂きました。

正直、なかなか人に聞けないようなことを
思い切って伺ってみましたので、

山下さんのお考えということでのお返事でしたが、

私には背中が伸びるような思いで、
少し緊張が走る気持ちで聞かせて頂きました。

質問を出すことは、自ら懐に飛び込み、
多くを吸収することにもなります。

今回質問を出された方は私も含め、幸せだったと思います。
本題の内容の理解もより自分なりの深め方が出来たのではないかと思います。

山下さん、本当にありがとうございました。

グループ討論(バズ)は
お題が難しく、うまくまとまらなかったテーブルもあった様子でした。

テーマ(お題)を決めるのは本当に難しいです。

どう決めたらよいのか、、悩みますし、ものすごく勉強になっています。

今期例会委員長をさせていただき、
山下さんにもたくさんお時間を頂き、とても良い経験をさせていただいています。

私が経験しているそんなことを
もっと多くの方にも知っていただけるよう、

例会には本当に多くの方にご参加頂きたいと思っています。

また発信させていただきますね。

お時間のある方は是非お出かけください。

例会委員のみなさん、良い例会をありがとうございました!

2011年7月28日 (木)

水木ロードへ

商工会議所の神戸女性経営者倶楽部(KCCL)で、
明石、加古川、尼崎の女性会の方をお誘いして、

鳥取へ視察旅行へ出かけて参りました。

今回の旅行は鳥取から関西へ地元鳥取のPRの仕事で来られている
会員の方のご尽力で、かなりお得で、素敵な内容の予定を立てて頂きました。

初めに懇談会です。鳥取の女性会のみなさんと、そして、
鳥取県の平井知事にもご臨席頂き、講演をお伺いさせていただきました。

1311736812722

鳥取のみなさんの前向きな姿勢と
皆で協力し、産業を発展させようという雰囲気、

海外との文化交流や、集客、今後の展望、

神戸からでは見えないことをたくさんお話し頂きましたし、
そこに実際に向かっていらっしゃる様子を肌で感じる事が出来ました。

知事からの歓迎のお酒も振舞っていただきました。

1311738945969 お昼からお酒にぴったりの食事を頂き、

ものすごく大きな岩牡蠣にも感激し、

1311739187440 1311739263310

大満足でお昼の会場を後にしました。

女性会のみなさまもとても柔らかく、楽しく時間を過ごさせていただきました。

ありがとうございました。

分かりやすいお話しの平井知事との懇談、
鳥取女性会のみなさんとの懇談を終えて、

直ぐに近くにあるお土産物やさんへ。
このあたりもさすがに、、やられました感じです。

ついつい、お土産を買ってしまう仕組み。

1311754161766ねずみ男とこっそり握手もして参りました。

境港の見学経由で水木ロードへ

道中のバスに市役所の方か、振興会の方が乗りこまれ、
境港のお話しをして下さいました。

境港利用の助成制度もかなり充実しているように感じました。

中国、韓国との物流の仕事をされていらっしゃる方は
境港貿易振興会のHPをチェックされると良いかもしれません。

いよいよ

水木ロードへ

1311754078945 暑い中、

たくさんの妖怪たちが私たちのため(らしいです)にお出迎えをして下さっていました。

うーん。ちょっと怪しい妖怪もいましたが・・。(怖)

妖怪が妖怪を迎え撃っている様子にも・・・(笑)
ああ・・私が一番妖怪かもしれないと思った時間でもありました(苦笑)

帰りにもう一か所

寿城という工場視察・・・といいますか、お土産を買いに。

うまいことになっていました。

ものすごい試食のコースがお出迎えされ、買わないわけにはいかないシステム。
とっても美味しいのでついつい手が出てしまいます。

これはすごいなあと思いました。

神戸にもこんな場所を作ったら良いのに。。

本当に満足。

1311754075139 帰りのバスから撮影した大山。

正面に映っていますが、雲に隠れています。

行きには、パーキングで蒜山の美味しいソフトクリームを頂きました。
帰りはあっという間に過ぎて、

ちゃんとバスの中でゲームもあって、

まるで修学旅行のようなKCCLの視察会でした。

女性経営者の会ですが、幹部役員の方ももちろんご入会頂けます。

8月は納涼会が北野の異人館であります。

楽しむ時は楽しむ。
学ぶ時は学ぶ。

毎月の定例もいつも勉強になるお話が伺えます。

興味のある方は是非お問い合わせください

私宛でももちろんOKです^^

2011年7月21日 (木)

イソトマの記事から:何故、植物に毒があるのか?とか。。

前回の問い、

「イソトマは何故毒を持ったの?」について、少しお話ししたいと思います。

残念ながら植物学者ではなく、、

花仕事、フラワーデザインに携わるものとして、またハーバルセラピストとして植物を天然有機化学の視点で少し勉強した立場での、個人的な考えです。

なので、正解とかではありません。

私が思うのは、

植物はそれぞれ生まれた故郷があります。そして、長い年月、そこから、鳥や虫や、風が運ぶ範囲でしか、勢力図を広げることはありませんでした。なので、その環境に順応するため、そこで生き残るためにたくさんの知恵を付け、進化をしてきました。

植物で毒(といわれる成分)をもつものはたくさんあります。

皆、生き残るために必要な、天敵を寄せ付けない為のものです。

その多くはパラサイトたちです。

パラサイトとは寄生のことです。自分で栄養もなにもつくれない菌や虫等は他の生物の養分を横から頂いて、成長し、勢力を拡大します。

拡大しすぎると、その生物は病気になったり、枯れたりします。

全部がそうなれば、自分たちも危ないことを知っていて、パラサイトはぎりぎりのところまで勢力を拡大していこうとします。

植物も、だまって、宿を貸すわけにはいきいません。抵抗をします。

そのひとつの方法が多くの植物が持つ「アルカロイド」たちです。

有名なものでは
19世紀のはじめに、アヘンから沈痛作用のあるモルヒネが発見されましたが、
これが、アルカロイドのひとつです。

今の時期暑い日向でも元気に咲いてくれる日々草、今日も異人館のガーデンにスタッフが植栽に出かけましたが、この元気でポピュラーな植物にも「ビンカアルカロイド」と呼ばれる毒性の成分がありますが、みなさんお庭で毎年楽しまれていると思います。

余談ですが、「ビンカアルカロイド」には、悪性リンパ腫や、小児腫瘍の治療にも用いられるような、成分が含まれています。(現在では化学合成されています)

そう、本当に、ちょっとで死に至るようなものは、基本的に自然界にはほとんど存在していません。長い時間をかけてやっつけるのです。

敵が全部いなくなっても、新たな敵があることを、みんな知っているかのようです。
共に支えあいながら、自分たちも必ず生き残る方法を探し出していくのです。

ついつい長くなってしまいます。

植物の世界は人の世界と同じですね。
過酷で、でもそれぞれの役割を頑張っているんです。

大人になっても面白いでしょ?

でも、あくまで総合的な個人的知識からの私の見解です。イソトマの研究をしている人に聞いてみないといけません。

ここに書いたこととまた違う新たな発見があるかもしれないと思うとドキドキします。調べられたら調べてみますね。

今思うことは

成分の名前は別として、こんなニュースがあった時には
一生懸命に生きている植物の話しを

お子さんや、お孫さんとして欲しいなあと、ということ。
心から思っています。

イソトマの記事から

B_04273858 イソトマの写真

神戸新聞の記事から

今日は高下の教室があり、生徒さんとのお話しの中でイソトマの話しになりました。

「イソトマに毒があって、それを先生も教育委員会も知らなかったらしく、子供たちが世話をしていて、目に入って、病院に行ったってありましたよね。そして、イソトマは学校から処分されるとかどうとかいうニュースでしたよ。」

数日前のこの記事、タイトルは目に入ったものの、そのまま通りすぎていました。

学校から処分された・・・という言葉に

反応してしまい、

「すぐに植物を悪者扱いにする、大人が情けない。せっかくの学びの場なのに・・」

と口走っていました。

目を痛めた子たちはびっくりし、痛い思いもし、かわいそうだったと思います。

私も子供のころは何度もいろいろな痛い目にあいました。

山の中でうるしにかぶれたこともあれば、何にさされたか分からない腫れも何度も経験し、
植物によっては、触るとイガイガしたり、ちょっとマヒしたような、へんな感覚になるものがあることも知っていました。

そのうち、食べるものはだいたい、赤やオレンジや黄色で、美味しそうな色をしているものが多いこと、青いものは毒だと私たちに教えてくれているみたいだと、

本能的に(何かを読んだり、聞いたりもしたかもしれません)察知するようになりました。

そんな経験が、

生きていくためには大事ですよね。

頭では分かっていても、
教育委員会という場所ではできないことがあるようです。

すぐに処分していまうのではなく、

植物と人が係わってきた歴史や、
何故、イソトマは毒をもっているのか?

そんな話しを、家や学校でしてもらいたい。

目ざわりを排除するのではなく、知ることからすべて始まるということを
大人は子供と一緒に覚えていかなければいけないように思います。

植物の何故をもう少し、次回お話します。

2011年7月18日 (月)

なでしこJAPAN

Congratulations on Nadeshiko_Japan!!

たくさんの感動と

なによりも 「あきらめない気持ち」 を教えてくれた、なでしこ力。

彼女たちの輝きから得たパワーは、

底知れないエネルギーだと感じました。

ありがとうございます。

心から。 感動と感謝でいっぱいです。

全員が素晴らしかった。

海掘キーパーの空中でのものすごい腹筋力と気持ちの強さはすごすぎでしたね。

そして17年女子サッカー界を駆け抜け、チームリーダであり続ける
澤 穂希選手

彼女を中心にチームがあることがいつも伝わってきます。
すごいリーダーです。

彼女のこれからにも期待しています。

2011年7月16日 (土)

夏の間に

今年の甲子園は大変です。

みんな、大きなものを考え、背負って戦っていますね。

ニュースが聞こえて来る度に、胸が苦しく、熱くなります。

私が頑張らなくてどうする、というエネルギーになっていくようにも思います。

今年もあっという間に上半期が過ぎました。

予定通り出来ていないこと、
予定を上回ること。

じーっと紙との睨みあいが続いています。

私がしなければならないことをやること。
自分の役割を、務めること。

当たり前のことですが、大事なこと。そして案外難しいこと。

改善しながら進めていきましょね。

夏がチャンスです。

2011年7月15日 (金)

とんぼ帰りで・・

前回、予定が重なり豊橋に行けなかった為、とても久しぶりに感じた

スタッフみんなの様子house

みんなはもっとそう感じているのだろう・・と申し訳なく思いました。think

しかも、

夕方からの打ち合わせがあり、

ほとんどとんぼ返りsagittarius

短い時間に、いろいろな報告や相談、話しを聞かせて頂いて、

そんなみんなの機転の早さに感謝ですshine

次回はもっとゆっくり話しをしましょう。

勉強会もしたいしね。

私も次回までに準備をすすめますねU.U

今週末は花火大会ですね。flair

2011年7月13日 (水)

はるかのひまわり!

201107111520001 素敵なご報告を頂きました!!

「7/11朝、神視保育園のベランダにて『はるかのひまわり』咲きました~!」

わー!!!

201107111520000

すっごい元気です!!

双葉の頃、ヨワヨワしくて、心配したあの子とは思えないeye

201107111520002

まだまだ次も控えています!

スタッフのekuさんが保育園と小学校に「はるかのひまわり」の絵本も届けて下さいました。

先生方がクラスで読んで下さって・・。

でも先生が途中で涙が出てきて、

いつも途中で終わってしまって。

先日やっと最後まで読んでもらったと、mirちゃんから報告があったとか。

7月7日の短冊には

小さなクラスの誰かちゃんが、

「はるかちゃんのひまわりがきれいにさきますように」

って書いてあったんですって・・。

優しい気持ちのお子さんですね。

たくさんの素敵な芽をありがとう。

ekuさんありがとう!

2011年7月 9日 (土)

西神戸支部の 経営指針勉強会 

今年また、藤本秀俊先生をお迎えして、

西神戸の経営指針勉強会が開催されることになりました。

私が同友会に入会するきっかけとなった、藤本先生のセミナーです。
本当に、藤本先生のセミナーを受講するだけの1年目でした。

2年目以降はかなり不良会員で・・申し訳ございません・・。

それでも、経営指針講習会の1回目は毎年参加するようにし、他も苦手な数字の時や、
最終日にはみなさんの発表を聞きたいと、できるだけ参加してきました。

この3年間県からの意向を受けて休むことになったセミナーですが、

このセミナーが受講できるということは、経営者にとって宝物だと思っています。

この3年の間に、私も多くの決断をしてきました。
そんな決断も経営者としての勉強をさせていただき、

しっかり判断し(遅いですが・・)進めたからだと思います。

今回も受講者の方から「当たり前のことだけど、出来ていない事多いなあ・・と思いました。」という感想がありました。

何度も聞いて、毎回私の聞き方が変わっていくのがわかります。

当たり前のことが、出来ていない。

本当に耳が痛いことが数々あります。

自分の今の決断や、やっていることに対して、
自分で評価しながら、聞いていると、当たり前のことなんて本当に無いということがわかります。

今年は5回シリーズです。

経営者、経営幹部のみなさん、一緒に勉強したい方は是非西神戸支部までどうぞ!!

気をつけなければ。。でももう・・。

省エネの夏。

花がたくさんある工房はどうしても空調が必要で、いつも通りの電力消費。

なのでせめて事務所はできるだけ設定温度を高くしているもので、

外から帰ってくると、廊下の方が涼しい。。U.U

そんな中で、腕をだして、私もクールビズなのですが、

それが評判悪いようで・・。

どこに行っても

「迫力が増した」とか、「たくましい腕っ節」とか、、久しぶりの方には「どうしたの@@」・・・

はい。

自覚しております。

でもクールビズの方が大事でしょ。

・・・・

・・・・

こうやって開き直っている自分が一番怖いのです。

どこまでいくのだろう。

・・・・

仕方ない・・って思っちゃだめなんですよね。

でも・・

いや。

がんばります。

2011年7月 8日 (金)

神戸ウエディング会議 会員交流会

7日の七夕の日。

神戸ウエディング会議の会員交流会が
会員企業のエスタシオンデ神戸さんで開催されました。

今回は、2部構成とその後懇親会の交流会でした。

第1部は神戸から、神戸の文化を発信し、多くの注目を集めてこられた、
神戸コレクション、時代の先端をはしる高田恵太郎氏をお迎えし、講演をしていただきました。

阪神大震災を経験し、その時期を乗り越え神戸コレクション発足に至った経緯や、考えをお聞かせ頂きました。

何度かお話しをしたことのある高田さんですが、
本当に熱い底知れぬパワーのある方です。

まだまだできることがたくさんある。

そんな気持ちになりました。

P1003529

第2部は、今、婚礼業界として、何ができるのだろうか・・。
そんな思いから、絆会を立ち上げられた

株式会社フェイス 代表取締役福永有利子氏

その絆会のサポート活動をしているBIAから鈴木はるみ氏、

のお話しを

そしてパネルディスカッションでは

バリューマネージメント㈱代表取締役の他力野淳氏にコーディネーター役をお願いし、
株式会社グレート・プランニング代表取締役羽原俊秀氏

このたびの震災で被災地に施設を持っていらっしゃる
株式会社長寿荘 代表取締役海野泰司氏

同じく、本社は東京ですが、全13施設のうち、9つの施設が被災地にあり、会社が被災しながらも、ご自身が立ち上げられた、NPO法人で社会貢献活動をされています
㈱ティアーズブレイン代表取締役小岸弘和氏

の4名でのパネルディスカッション

最後に株式会社ホロニックの長田一郎氏より、
絆会のご説明を頂きました。

P1003528

一番強いメッセージは

実際に福島へ行かれ、被災された施設方とのお話しの中で、

「元気な地域より、経済を活性化させることをどんどんしてほしい」という声が強く、

「結婚しよう!」とみなさんに伝えてほしい。

という思いでした。

今、家族が見直され、絆が見直され、生き方が見直されています。

私に出来ることは・・?

今すぐできることは
とにかく元気を発信すること。

一緒に考え、どんどん進んでいきましょう。

走りながら考えないといけないことですね。

2011年7月 7日 (木)

好きな花

今日のスタッフ研修は、

花の角度、配置法による、表現の違いについて。
具体的に、ウエディングケーキを飾る、ケーキ装飾花を例として、研修を進めました。

毎回、研修スタート前に、「何か聞きたいことがあればどうぞ~」

と話しをします。

今日は質問が無かったので、私が聞いてみました。

「最近好きな花は?」

みんなすぐに返事がありました。

「バラのリトルシルバー」「アプリコットファンデーション」「鉄砲ゆり」・・・

入社してすぐの頃は、多くの方が
「バラ」とか「マーガレット」とか、

植物の名前(品名)で答えます。

今日は品種名で答えてくれたことが、

とてもうれしかったんです^^

私たちの仕事って、たくさんの花と出会えて幸せですよね^^

出会いってとっても刺激的なんですよ。

2011年7月 5日 (火)

ロングウィッシュさん7周年おめでとうございます!

Dsc_0286 今日の写真は、ガラパゴスで撮影。

会場が少し照明を落とした雰囲気のあるレストランでしたので、
撮影した写真が全部手ぶれになってしまい・・。これが唯一良い映りだったものです。

ロングウィッシュ 盧さんの7周年記念&大阪移転をすることになった、会場のお披露目パーティーに出席させて頂きました。

100名を超えるみなさんが御出席され、盧さんの人柄が随所に感じられる、心のこもったおもてなしをして頂きました。

ロングウィッシュのスタッフ麦さんは、ロングウィッシュに入社する以前からの仕事の繋がりがあった、若いお友達のような方です。

どんどん仕事の幅を広げていかれる、ロングウィッシュさんに、心からの拍手を、そしてやりたいことをどんどん進めていかれるパワーを感じた夜でした。

本当におめでとうございます。益々のご活躍を祈念しています。

帰りは 一瞬バケツをひっくり返したような雨。そして雷。

もうすぐ梅雨明けですね。

季節の変わり目、生命力を感じて、心がリセットできる時。

みんなで次の一歩へ向かいましょね(*^^*)

2011年7月 2日 (土)

母の幼馴染さん

夕方、教室が終わりそうな時間。

そろそろお片付けが始まりそうなタイミングで、電話が鳴りました。

「鹿児島から、県人会があって、今神戸にいるの。せっかく来たので、お店に寄って帰ろうかと思うの。場所を教えて下さい。」

何方かは存じませんが、、でも母の友人です。

!!それはお迎えに行かなきゃ。。でもレッスンがあと少し。・・と頭の中で駆け巡る。。

結局、不案内の神戸を歩いてお越しいただくことに。

お電話を頂きながら

お越し下さったお二人は母の幼馴染さんでした。

よくお話しに登場した、とても頭の良いなおちゃんさん。
いろいろなことに興味深々で、とても元気で明るいけいこちゃんさん。

はじめてお会いする母の御友人さんは、もう長い月日を離ればなれで人生を送っているにも関わらず、母と同じにおいのする、丁寧で、明るくて、人懐こくて、まじめな雰囲気の方々でした。

ああ、よくお越しくださいました。

「想いびと」を読んで下さって、その中にあった電話番号をひかえて来て下さったとのこと。
びっくりしました。

時間もないからと、お茶もご一緒も出来ず、母と電話で少し話して、
すぐに帰られました。

是非またご一緒にゆっくりお話しさせて下さい。

次回はこちらからお伺いさせて頂きますね。

それか、母の家でゆっくりして頂くのはいかがでしょう?


ほんの一瞬の時間。とても深くて大切な時間を経験させて頂きました。
嬉しい時間でした。

遠いところ、訪ねて頂き、本当にありがとうございました。

父の論文

昨日、7月1日より電力の消費を控える為に、
取り組みが変わりました。

大手のメーカーを筆頭に、中小企業もそれに追随しながら、
今年の夏を乗り切るための試行錯誤が始まります。

そんな中、ふと故郷の父が私たち家族がお世話になった企業、
今は合併し、その名前は無くなっている会社のことを想い、(さぞ大変だろう・・と)

何気なくPCを検索していると、

今は空の、父の論文が出て来ました。

驚きながら、父の名で検索をすると17の論文があり、
その中の古いものは、私が生まれる前のもの、幼い頃のもの、

そのあたりのものは、手書きの文書がPDF化されていて、検索することができました。

すぐに父の文字だと分かるその字体。

仕事に対して、何事に対しても真摯に向き合う姿勢を背中で見せてくれた父。

その文体、
紙面全体から、そこに確かに父の姿がありました。

しばらく言葉もなく見つめていました。

業界紙に残されていたその論文は
多くの人に見られることはないものですが、

PCを使い、世界中の人がみることができる状態にして下さっている方がいること(仕事でされているのですが)

その事に感謝しました。

そうでなければ、今ここで父が私たちを育ててくれた仕事の足跡に触れることも無く、
私は過ごしていたに違いないのですから。

家族みんなに知らせました。

いつも見守っていてくれる父へ。

いつも、今も応援してくれて、本当にありがとう。

がんばるよ。

そして、父が最後の最後まで一番心残りにしていたこと、
  
   お母さんを大切にします。

父を想うと、このことをいつも思い出します。
きっと、足りていない私に、歯がゆい気持ちでいますね・・。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

フォト

Facebook KAMOE

神戸新聞マイベストプロ

NEOWOMAN

  • アクションフォーラム2010
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

西神戸の委員会いいんかい!

facebook