« イソトマの記事から | トップページ | 水木ロードへ »

2011年7月21日 (木)

イソトマの記事から:何故、植物に毒があるのか?とか。。

前回の問い、

「イソトマは何故毒を持ったの?」について、少しお話ししたいと思います。

残念ながら植物学者ではなく、、

花仕事、フラワーデザインに携わるものとして、またハーバルセラピストとして植物を天然有機化学の視点で少し勉強した立場での、個人的な考えです。

なので、正解とかではありません。

私が思うのは、

植物はそれぞれ生まれた故郷があります。そして、長い年月、そこから、鳥や虫や、風が運ぶ範囲でしか、勢力図を広げることはありませんでした。なので、その環境に順応するため、そこで生き残るためにたくさんの知恵を付け、進化をしてきました。

植物で毒(といわれる成分)をもつものはたくさんあります。

皆、生き残るために必要な、天敵を寄せ付けない為のものです。

その多くはパラサイトたちです。

パラサイトとは寄生のことです。自分で栄養もなにもつくれない菌や虫等は他の生物の養分を横から頂いて、成長し、勢力を拡大します。

拡大しすぎると、その生物は病気になったり、枯れたりします。

全部がそうなれば、自分たちも危ないことを知っていて、パラサイトはぎりぎりのところまで勢力を拡大していこうとします。

植物も、だまって、宿を貸すわけにはいきいません。抵抗をします。

そのひとつの方法が多くの植物が持つ「アルカロイド」たちです。

有名なものでは
19世紀のはじめに、アヘンから沈痛作用のあるモルヒネが発見されましたが、
これが、アルカロイドのひとつです。

今の時期暑い日向でも元気に咲いてくれる日々草、今日も異人館のガーデンにスタッフが植栽に出かけましたが、この元気でポピュラーな植物にも「ビンカアルカロイド」と呼ばれる毒性の成分がありますが、みなさんお庭で毎年楽しまれていると思います。

余談ですが、「ビンカアルカロイド」には、悪性リンパ腫や、小児腫瘍の治療にも用いられるような、成分が含まれています。(現在では化学合成されています)

そう、本当に、ちょっとで死に至るようなものは、基本的に自然界にはほとんど存在していません。長い時間をかけてやっつけるのです。

敵が全部いなくなっても、新たな敵があることを、みんな知っているかのようです。
共に支えあいながら、自分たちも必ず生き残る方法を探し出していくのです。

ついつい長くなってしまいます。

植物の世界は人の世界と同じですね。
過酷で、でもそれぞれの役割を頑張っているんです。

大人になっても面白いでしょ?

でも、あくまで総合的な個人的知識からの私の見解です。イソトマの研究をしている人に聞いてみないといけません。

ここに書いたこととまた違う新たな発見があるかもしれないと思うとドキドキします。調べられたら調べてみますね。

今思うことは

成分の名前は別として、こんなニュースがあった時には
一生懸命に生きている植物の話しを

お子さんや、お孫さんとして欲しいなあと、ということ。
心から思っています。

« イソトマの記事から | トップページ | 水木ロードへ »

お父さんお母さんおじいちゃんおばあちゃんへ子供たちに話してほしいこと。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189161/52269808

この記事へのトラックバック一覧です: イソトマの記事から:何故、植物に毒があるのか?とか。。:

« イソトマの記事から | トップページ | 水木ロードへ »

フォト

Facebook KAMOE

神戸新聞マイベストプロ

NEOWOMAN

  • アクションフォーラム2010
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

西神戸の委員会いいんかい!

facebook