« さだまさしさんの「アントキノイノチ」 | トップページ | 花阿彌時代様式 「室町時代」 »

2012年1月29日 (日)

結婚の問題 その1

ニュースで結婚の問題が取り上げられていました。

結婚の条件として女性は年収600万円以上を望む。
実際に年収600万円以上の20~30代独身男性は独身男性全体の4%に満たない。
(ニュース内で話されていた内容ですが、多少違うかもしれません)

さて。大変ですね。
いろいろな問題があって、どこからどうしたらよいのか・・。

私も含めてですけど、日本ていつからこんなに贅沢が身にしみついてしまったんでしょう・・。

アルバイト職の方の何割かは一度正社員雇用を経験し、3年未満で退職。
その後職が見つからずアルバイトで生計をたてているとか。

男女雇用均等法は私が社会人になる年に実施されました。

そしてここ数年叫ばれているのはライフワークバランスです。

日本は世界で一番、群を抜いて、やくざさん(働かず、お金を動かしている人たち)の多い国です。
今は、随分住みにくくなってきているようですが、それでも多いということにはまだ変わりないようです。

そして、日本は世界で一番よく働く国だと言われ続けてきました。今もでしょうか。

話しを変えます。


まだ’64は見に行っていないのですが、
映画「 ALWAYS三丁目の夕日 」つい48年前までは日本はこうだったんですよね。
私が見た1作目2作目はその10年位前?でしょうか。

私たちの父母は、よく働き、よく手と頭を動かしました。
子供のころから当たり前だったからですね。


祖父母はあの戦争で一番大変な思いをした世代です。

Alwyays3_card

夕日町の住民になりました。「夕日町住民票発行」はこちらhttp://www.always3.jp/card/

勉強が嫌いでもかまいません。

でも自分たちの親や祖父母のこと、

何故今こうなのか。
自分たちの歴史位は、

もっと真剣に学んでもいいんじゃない?と思います。

それくらいのこと、全員やってもいいんじゃないの?

もちろん、わたしも。

自分を知らない薄っぺらな人生なんてもったいない。

そこから、自分が見つかると思うんですけどね。

※結婚の問題 シリーズはいっぱいあるような気がしますが、また気が向いたら
その2を書いてみます。

勉強が嫌いでもいいですよ。

« さだまさしさんの「アントキノイノチ」 | トップページ | 花阿彌時代様式 「室町時代」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189161/53851137

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚の問題 その1:

« さだまさしさんの「アントキノイノチ」 | トップページ | 花阿彌時代様式 「室町時代」 »

フォト

Facebook KAMOE

神戸新聞マイベストプロ

NEOWOMAN

  • アクションフォーラム2010
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

西神戸の委員会いいんかい!

facebook