2012年8月13日 (月)

花萌にしむらゆき子花教室「アリスウエディング」展

またしばらく時間の使い方が下手で、ブログをお休みしてしまっていました。
でも生徒さんたちが頑張っているので、ご案内♪♪ここから復活です。

8月25日26日の2日間、
神戸三宮の東急ハンズの西側歩いて3分ほどの場所
アート美空間Saga において、展示会を開催します。

Photo

25日は制作中の様子を見て頂いたり、展示ブース作りをご覧いただく日
になります。
...

26日は、11時から13時の間は20~30分位でできる、簡単なプリアートアクセサリ-の体験教室も開催☆¥1000-~(予約優先)
15時~はにしむらゆき子の花&トークライブを開催しています。
入場無料です♪ お席は限りがありますのでご了承ください。

お待ちしています(^0^)/

↓こんなプリアートアクセサリーを20分くらいで¥1000-~で作ります♪♪
Dsc07930

アート美空間SagaさんのHPです

http://www.saga-beauty.com/

2012年2月28日 (火)

日本フラワーデザイン大賞2012

ご来場ありがとうございました!

応援下さいましたみなさま、本当にありがとうございました。

下記リンクから報告に飛んでみてください。
受賞された花仲間の作品も掲載させて頂いています♪

写真はにしむら出展作品です。

来年は京都みやこめっせで2月に開催されます。
また出展できるよう、がんばります。

Dsc06050

NFD2012 vol.1 http://ameblo.jp/arnekamoe/entry-11179163676.html

NFD2012 vol.2 http://ameblo.jp/arnekamoe/entry-11179179019.html#main

NFD2012 vol.3 http://ameblo.jp/arnekamoe/entry-11179189101.html#main

NFD2012 vol.4 http://ameblo.jp/arnekamoe/entry-11179218127.html#main

2012年2月20日 (月)

日本フラワーデザイン大賞2012 仕入れ

とても素敵な花達に出会えました。

24日(金)~26日(日)までパシフィコ横浜で開催です。

まだ最終的な色と花合わせに悩んでいます。

.。.:*

私が作りたいものと、インパクトと。

.。.:*

土台はほぼ出来あがり、
運搬に日数がかかるので早めに出すことに。

.。.:*

あとは花。

.。.:*

そして自分。

2012年2月 1日 (水)

チャート式フラワーアレンジメント協会設立

4月から、新しく花の協会が立ち上がることになりました。

その名も「チャート式フラワーアレンジメント協会」です。

チャート式と聞くと勉強を思い出すのですが・・。

会長は久保数政先生です。

広く、多くの方にフラワーデザイン(アレンジメント)を楽しんで頂くことを目的とし、

その指導者も多く育成していくことを目指した協会です。

神戸でも4月より開講します。

説明会のようなイベントをした方がよいかどうか・・。思案中ですが。。

久保先生の神戸レッスンも4月から新たに開講します。

私の頭の準備が心配です(汗)
告知や宣伝をもっと上手にできるようになりたい。

今年は自分を訓練していきます。

2012年1月31日 (火)

花阿彌時代様式 「室町時代」

花阿彌研究科で皆で制作してきた時代様式も「室町時代」までやってきました。

今までの作品をきちんと作りなおして、残しておきたいなあと思うようになりました。

それくらいに、何方の作品も素晴らしいのです。

今回私は水墨画で描く春の訪れをシュトラウス(花束)で表現してみました。

Dsc05789

室町時代は多くの文化が生まれました。

3代将軍義満の時代(北山文化)は公家文化と武家文化の融合的な文化が生まれ、また外来(中国文化)の影響が見られますが、

8代将軍義政の時代(東山文化)は庶民的で「侘びさび」という概念が生まれ、禅宗などの影響が強くなりました。

立花、池の坊が生まれたのもこの時代です。

茶の湯がはじまり、これは戦国時代に千利休により完成します。

雪舟の水墨画

枯山水の庭園

能楽・狂言 阿弥衆、

これらの文化が生まれ守られ、

戦国時代には地方へも広がり、今の日本の文化に大きな影響の残したとも言えます。

興味深い時代です。

2011年11月21日 (月)

久保数政先生の神戸レッスン

今日は久しぶりの久保先生の神戸レッスンでした。

みなさん生き生きとしたお話しぶり!!先生よりたくさんしゃべっていらしゃったかも・・??

久保先生、いつもありがとうございます!

写真はこちら^^

Dsc04892

Dsc04920


Dsc04889_3


Dsc04897_2


Dsc04929

2011年11月11日 (金)

新しいマムとの出会い その2

翌日は、実際に栽培されている農園へ伺わせて頂きました。

蕾から開花、選定、出荷までの様子がハウス毎にあり、大変興味深く拝見させて頂きました。

Dsc04724

ハウスはオランダのフェンローハウスと同じ作りです。
4M30㎝の高さがあります。

Dsc04731


その作業の手際良さ、手捌きに感動です。
来期は北海道からも花が入荷するかもしれません。とても楽しみです。
Dsc04726



続いて薔薇園にもお邪魔して参りました。
以前、三宮のお店で薔薇フェアをしていた時に、
見に来て下さった方とお会いすることが出来ました。


Dsc04756


地元の人から、子供たちにも知ってもらいたいから、と花育をはじめとして、いろいろな取り組みをされていらっしゃいます。
Dsc04773



動くことって本当に大事です。

鍛冶さんともいろいろ話しをしながら帰途。

とても充実した2日間でした。
ありがとうございました。

新しいマムとの出会い その1

広島から真っ直ぐ、豊橋へ。
一度姫路で下車し、姫路生花の鍛冶さんとご一緒させて頂き、菊の農家さんの会議へ参加させて頂きました。

来期の拡張、新品種の選定の参考に意見を。
また、実際の現場でのマムの利用について。





Dsc04792_2


あとで、「すみません、発言しすぎましたか・・・?」と鍛冶さんに耳打ちを・・。

鍛冶さんは、会議の空気の中、私が話をしやすいように、と横で一生懸命首を縦に振ってくださっていて、本当に優しいなあ・・とうれしくなりました。

そういう応援ってありだなあ~と。

私自身、マムは好きな花です。(特に嫌いな花が無いのですが)
しかも、最近のマムは本当にかっこいい。

存在感も日持ちも兼ね備えています。
しかも、日本の心が その中には流れているように感じます。

生まれは中国伝来のものが品種交配によって生まれました。
日本国内で多年草として栽培されてきた和菊と、西洋に渡り、品種改良を重ねられた、洋菊がありますが、主に後者をマムと呼んでいます。

どちらも、古い書物にも登場し、広く愛でられてきたことが伺えます。

後鳥羽上皇が身の回りの物品にその文様を使われたことから、皇室、天皇家の文様となり、
南北朝時代以降、武家もその文様を使うようになったといわれています。

そんな日本人に馴染みの深いマムを、より多くの方にも見て頂く機会を増やしていけたら良いですね。
そんなご提案も具体的にさせて頂いて参りました。

丁度、我が社は豊橋でお仕事もしていますのでね^^

チャンスがあったらよいですね。


Dsc04795

2011年6月26日 (日)

植物の声を聞こう in矢田寺

植物の声をきこう! in 矢田寺 の様子をスライドにしました。

とても暑い日で、紫陽花が少し元気が無かったのがちょっと残念です。
でも、大和郡山の自然と、矢田寺(紫陽花寺)の様子をご覧ください。 

2011年6月25日 (土)

あじさいの音

Dsc01913p600

L&D展を一緒に取り組んで、それから親しくさせていただいています、小山くん。

彼が地元大和郡山を中心として、キンギョの活動をしていることは、だいぶ以前にもご紹介したと思います。

映画を撮影したり、イベントをしたりと頑張っている様子を、twitterやブログで拝見していましたが、
この春からK-Pool Project を立ち上げ、仲間を増やして、本格始動しています。

そんな小山くんから、「植物の声を、聞こう。」というワークショップのお誘いを頂きました。

予定がうまくキャンセルになり、行ける!!
久しぶりの奈良です。

Plants Music in 矢田寺」

矢田寺 紫陽花のお寺さんとして有名な金剛山寺の高野山真言宗の御寺です。

メディアアーティストで京都造形芸術大学教授の

銅金裕司先生と、

一緒にアジサイを見学しながら、様々な植物が発する

音を集音する体験ワークショップでした。

植物が持つ性格や、感情、
マイクロボルトレベルの電磁波で、観察し、

実際に植物がその環境に適応し、影響を受け、自分を表現していることを
科学的に証明された先生のお話しはとても興味深く、

実際にその電磁波で、マッキントッシュを使って楽器の音に変えて見るなど、
面白い試みが目の前で展開されました。

マイクロボルトレベルの電磁波で、植物を観察することは
だいぶ以前からニュースで聞いたことがありましたが、

その先駆け、第一人者の先生の考え方なども含めて、
実際にお話しをお伺いできたことが、何より良い経験になりました。

その様子はまたスライドにまとめますね。

より以前の記事一覧

フォト

Facebook KAMOE

神戸新聞マイベストプロ

NEOWOMAN

  • アクションフォーラム2010
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

西神戸の委員会いいんかい!

facebook